包茎は不潔だし、病気の原因がたくさん

包茎は男にとって大変な問題です。積極的にもなれませんし、いつもそのことが原因で暗くなってしまいます。修学旅行の時などは楽しいはずの旅行が最悪のものになってしまいます。中には、そのために休んでしまう人もいるほどです。ペニスの病気にかかり易くなってしまいます。男性だけでなく、お付き合いをするようになれば女性のも膀胱炎、子宮頸がん、子宮がんのリスクも高まってしまいます。男性にも女性にも良いことのない包茎は早く治しましょう。

包茎の治療内容について

いざ、治療となると不安が多くありますよね。どんな治療、手術をするのかわからないので余計不安になります。麻酔はそんなに痛くありませんし、麻酔をしているので痛みは感じません。少し痛くなるのは術後の麻酔が切れた後です。個人差はありますが数日で痛みは取れてきます。とても大切な事はアフターケアです。消毒を毎日しなくてはなりません。これを怠ると膿んできたりするので必ずしてください。患部が紫色になりますがだんだん薄くなってきます。安心してください。しかし、あんまり痛みがあったり腫れが引かないときは病院に相談してくださいね。

今は、男性医師より女性医師

包茎手術は恥ずかしいものです。出来れば同性に施術してほしいですよね。でも、今は女性医師に施術してもらいたい人が多いみたいです。理由は、同性に触ってほしくない、恥ずかしいなどからです。世代によって違うようですが若い方に多いようです。世代のゼネレーションギャップを感じます。どちらにしても、早く不衛生であまり良いことのない包茎とは手術をしてさよならしましょう。嘘みたいに何でも積極r的になれますよ。後は、少しの勇気です。

包茎とは男性器の亀頭部分が包皮で覆われている状態を言い、仮性・真性・カントン性の3種類あり、成人男性の6~7割りが仮性の状態にあると言われています。