うつ病とはどのような病気か?

年々患者数が増加し誰にとっても身近な病気となっているうつ病ですが、具体的にどのような病気であるかは知らない人も多いのではないでしょうか。うつ病は気持ちの問題だと思われがちで、周囲の人に理解してもらえずに余計に苦しんでいる患者さんも少なくありません。しかし実際には、うつ病とは脳内の神経の伝達物質の働きに異常が起きてしまう病気です。気持ちの持ちようでもなければ気力でどうにかなるものでもなく、きちんと治療する必要のあるものなのです。

具体的な症状とは?発症する要因は身近にある?

うつ病は基本症状に気分の障害がある精神障害で、精神症状と身体症状があります。精神症状には抑うつ気分・不安感・無気力感・集中力の低下・思考力の低下・意欲の低下(趣味や好きなことに対しても)などがみられ、生きているのがつらいと思ってしまう場合もあります。身体症状には不眠などの睡眠障害・倦怠感・食欲不振・過食や拒食・体重減少・頭痛・動悸・吐き気・便秘・身体の各所の痛みなど、主に自律神経症状がみられます。またどちらの症状にも、朝は調子が悪く夕方に良くなるなど日内変動があることが多いです。うつ病はいくつかの要因が重なって発症します。環境的な要因として、大切な人やものを失う・日常生活でのストレス(仕事・結婚・妊娠など)・人間関係のトラブルなど、様々な出来事が要因として挙げられます。また、性格上まじめで几帳面・完璧主義・責任感が強い・周囲に良く気を遣う人などが発症しやすい傾向があることもわかっています。

うつ病を治し、再発させないためには?

うつ病の治療には休養・薬物療法・カウンセリングの3つが必要になります。まずは休養を取り、疲れきった脳をしっかり休ませてあげることが治療の第一歩になります。薬物療法では抗うつ薬による治療を行います。抗うつ薬と聞くと何となくこわいイメージがあったり不安になる人もいると思いますが、抗うつ薬は働きに異常が起きてしまった脳内の神経伝達物質というものの機能をサポートをするものです。飲み始めは副作用として吐き気などが起きることもありますが、飲み続けるうちに徐々に効果が現れ、症状が改善していきます。これらの治療で症状の改善は図れますが、環境要因や性格などは変えることはできません。そこでカウンセリングを行うことで行動や思考を見直し、再発を予防していきます。うつ病は症状が軽いうちに治療すれば大多数が克服し、より早く治療を終えることができる病気です。しかし症状がひどくなってからでは一般的な治療法では治せない状態になってしまうこともあります。うつ病かな?と思うようなことがあっても病院には行きづらいこともあるかもしれませんが、気になる症状があればなるべく早く受診もしくはカウンセラーに相談するのが良いでしょう。

体調が悪いと感じたらうつ病チェックは早めに行うことが大切です。そうすれば体を守っていくことが出来るからです。