うつ病の症状かなと思ったら

季節の変わり目や、多忙や不安などで一時的にうつの症状になる人も含めるとうつ病はいま誰にでも起こりうる病気です。睡眠障害が起こり眠れない日が続いたり、朝起きるのが辛い、1日中眠ってしまう、食欲が低下したり、今まで楽しいと思ったことが楽しく思えない。自分は世の中に役に立つことなんて何もないと悲観的になったり、体のあちこちが痛む、など普段生活している中で一つはあてはまるという人もいるのではないでしょうか。こんな気になる症状が実はうつ病だったということもありますよ。

1人で悩まずに病院にいきましょう

不快な症状が続いているけれど、まさか自分がうつ病なんてと思いがちですよね。いつの間にか症状を我慢していることによってうつ病が悪化してしまうことがあります。少しでもおかしいなと思ったらまずは家族や親しい友人や会社の同僚などにそれとなく聞いてみましょう。実際にうつ病だと診断される人は自分では気づいていないことも多く、周囲の人から心配されて病院を受診したというケースが案外多いのです。不調だと感じたら悩まないで病院にいってみることをお勧めします。

うつ病の治療方法は様々です

病院を受診したら担当の先生にしっかり症状を伝えましょう。治療方法は先生と相談して信頼関係を結ぶことがまず最初に大切なことです。次に充分休養するように勧められるかもしれません。それでも何かをしていないと不安になるかもしれませんが、軽い症状でも安心して休養するために入院することもあります。次に薬による治療方法です。うつ病の薬は種類も沢山あり、症状に合った薬を処方してもらうことで、体調面も含めて改善にむかうはずです。最後に精神療法といってうつ病患者によくみられる否定的な思考をより柔軟に改善できるような治療が行われることもあります。

うつの診断を病院でされると、そこから本格的な治療になります。カウンセリングをしたり、投薬を行います。