エコエネルギーに協力

エコエネルギー推進に協力したいけれど、集合住宅住まいだったり、雪の降る地域の住人だったりすると、自宅の屋根に太陽光発電装置を取り付けるわけにはいきません。しかし、節電以外にも協力する方法はあります。太陽光発電ファンドに投資する方法です。投資の方法としては、太陽光発電会社から太陽光パネルを購入し、それをその会社に貸し出して、使用料を受け取る方法と、投資ファンドにお金を出す方法とがあります。まだ両方とも歴史は浅いです。

投資先が破綻した場合

太陽光パネルを購入して貸し出す場合は、その会社が破綻しても、パネルは戻ってきます。所有権は購入者にあり、差し押さえることはできないからです。太陽光パネルの購入は1枚からできます。1枚戻ってきたとして、それを使える状態にするのにも費用はかかります。しかし、非常用電源として使えるので、窓辺に置くというのはどうでしょう。非常時にスマホに充電でき、情報が得られるのは危機管理上、非常に大事なことです。日中ならその程度は使えるでしょう。

企業に危険はつきもの

投資ファンドが破綻した場合、投資家には可能な額が分配されますが、どの程度戻ってくるかは未知数です。ドイツでは、大手太陽光発電会社が破綻しています。日本では、まだ太陽光発電推進が始まったばかりで、買取価格と電気料金の関係も問題になるようなレベルにはなっていませんが、いつ、どうなるかは誰にもわかりません。ゼロになっても大丈夫な額を投資するのが望ましいでしょう。かつて日本では、最大手の銀行や航空会社も破綻状態となり、税金投入で倒産を免れたのですから。

太陽光発電は、自然エネルギーを有効活用しながら発電できるため、地球環境に配慮した発電方法として注目を集めています。