燃料の確保についてのこと

BCP対策というのは意外と出来ることが多くありますから、しっかりと計画を立てておくことです。例えば燃料の確保はとても大事です。災害用物資を蓄えておく、ということだけでも相当に違いがあるのです。いうまでもありませんが、はっきりいってかなり費用がかかることになります。それでもやったほうがよいのは人命に関わってくるからです。BCPとは事業継続の計画ではありますが人的な資源を守ることもその一つの目的といえるでしょう。

インフラの復旧を目指すこと

インフラ、この場合は電気や水道ですが、これを復旧できるようにしたほうがよいでしょう。公共の物に関しては一企業体がどうにかできることでないですが自前の発電システムを確保しておく、ということくらいはできます。水に関してもいくらか確保する方法があります。これによって少しは復旧ができるようになります。特に太陽光発電システムの導入をすることは極めて効果的であるといえます。上手くすれば普段からでも役に立ちます。

避難ルートを決めておくことも

避難ルートを決めたりすることもとてもよいことです。これだけでもかなりメリットがあります。社員に叩き込んでおくだけでも災害時の人的な損害を抑えることができるようになります。避難をする、或いは行動の指針を決めておく、ということだけでもメリットが多くありますから、上手く計画をして、そして訓練をさせておくことです。但し、これだげも結構な費用になってしまうので覚悟しておきましょう。BCP対策の難点は回収の見込みがない費用なのです。

BCPは事業継続計画の略称で、企業が災害などで緊急事態となった時に、損害を最小限にとどめ事業を早期復旧させるための方法を決めておくことをいいます。この方法や手段を計画し、整備することがBCP対策です